納豆もちの歴史

 

大きい丸もちを焼き、焦げ目を中に包み込むようにして伸ばし、塩で味付けした納豆(地域によっては、砂糖や黒砂糖を入れる)はさんで封じ、きな粉をまぶします。これが納豆もちです。

 

南北朝の動乱の時代、北朝初代天皇であった光厳上皇が出家し開山した京北山国の常照皇寺には、今から650年以上も昔、光厳上皇がわらつと納豆を愛用していたことを示す絵巻物が伝えられています。(納豆発祥の地のひとつといわれています)

 

上桂川流域に位置する京北地域では、長岡京造営や平安京造営時に材木を筏に組んで、桂川の水運を利用して運搬したと伝えられ、山国荘(現在の山国、黒田地区)は、平安時代から宮中の修理職(営繕担当部署)領であり、明治維新まで天皇家直轄の「禁裏御領地」として用材を京都に搬出し続けました。

 

 

 

 

 

ねじ袋(細長い絣生地をねじって腰に巻いたもの)に

竹皮で包んだ納豆もちを入れて、

体温で保温していたといわれています

 

 

 

 平安時代から皇室との関係が深かった山国荘は、朝廷の護衛の役などを務め、幕末の戌辰戦争には、農民で組織した「山国隊」が「官軍」として参加しました。時代祭の先頭をいく維新勤皇山国隊は、山国の農兵隊の凱旋の行進をモデルにしています。

 

 「納豆もち」は、山国隊の郷土食として、広く勤皇の兵士たちに賞味されたと伝えられています。不足しがちなタンパク質を大豆で補い、もちは、高カロリーでしかも消化吸収がよく、保存も可能な優れものです。体力がいる山仕事や、材木を搬送する川下りのいかだ師の弁当にも愛用され、農山村における必需食品、食文化として受け継がれてきました。

 また、今でも京北地域では、正月三が日にはお雑煮ではなく、祝いもちとして「納豆もち」を食べる習慣があります。昔は自分の頭くらいの大きさで、三が日かけて、硬くなれば軽く火であぶり、その香ばしさを楽しみました。

 毎日食事を作っている女の人にとって、この三が日だけは、休息日でもあったようです。

一方で、台所ではなく、囲炉裏の火で餅をあぶり、家長だけがこの納豆もちの作り手であったことは、納豆もちの神聖さを表していて、お正月に歳神様を迎えて共に食事を行う火を聖なる者としてとらえ、おせち料理の由来と同様に、三が日は、できるだけ煮炊きを避けるという日本の食のしきたりに通じるともいわれます。

 

 昔から今も変わらない風雅な香味を、ふるさとの味として引き継ぎ伝えます。

 

 

 

 

おもちの形がいぐさやわらで編んだ笠に

似ていることから

「あみがさもち」と名付けました。

納豆もちのお召し上がり方

お召し上がり方のページへ